魅力たっぷり沖縄の離島!竹富島でのんびり過ごす

2017年7月26日

静かな澄みわたるブルーがあなたを待ち受けてくれる

沖縄の離島「竹富島」をご存知ですか?沖縄本島より更に南に行った石垣島へ飛行機で降り立ち、そこからフェリーでのみ行くことができる沖縄らしさを感じる離島です。石垣フェリーターミナルから、高速船で約10分。竹富島のフェリー乗り場は、絵の具を溶かしたようなコバルトブルーの海になっています。

そこから集落を通り、ハイビスカスやガジュマルといった沖縄ならではの草木を見ながらビーチに出れば、そこには天国の様に遠浅の澄みわたったブルーの海が待っていてくれます。

昔桟橋として使われていた「西桟橋」に立ってみると、黄色や青い熱帯魚たちが泳いでいるのがはっきりと見てとれます。すぐ隣のコンドイビーチそして更に奥のカイジ浜も遠浅のため、泳げない方でも膝くらいまで水につかりながら竹富島の海を楽しめるでしょう。

色んな過ごし方ができて沖縄の原風景を楽しめる

竹富島は集落の様子などが、沖縄の昔ながらの暮らしを彷彿とさせてくれます。石垣に囲まれた赤瓦の家々。そして、屋根に乗っているシーサーも一軒一軒表情が違って、とってもユニークです。集落に敷き詰められた珊瑚の砂は白い色をしていて、とても美しいのが特徴です。自然と共に暮らしてきた竹富島の方たちの様々な工夫を感じ取れます。

時間のない方は、石垣島から約10分で行けるので、半日または1日のんびりと海を眺めて過ごせるでしょう。水牛車観光やレンタサイクルもあるので自分なりの過ごし方ができます。お食事処も数件あるので、ランチも楽しめます。

ゆっくり時間がとれる方は、民宿やプチホテル、リゾートホテルもあり、泊まりながら竹富島をまる1日満喫できるでしょう。民家に流れる三線の音も風情があって心地良い気持ちにさせてくれます。

重要伝統保存地区となっている竹富島のツアーには、白砂が美しいコンドイビーチや、星砂の浜としても知られているカイジ浜などがあります。