安く車検をしたいたらこちらを試してみよう!

2017年5月29日

ユーザー車検が一番安い!

様々な自動車関連の業者が車検整備のサービスを提供しています。しかし全ての業者で代行手数料や工賃が発生するので、どんなに安い業者でも10万円は支払いが必要になります。そのお金が支払えない場合の対処法として、国土交通省の車検場に車を持ち込んで直接車検を行う方法があります。こちらだと車検の必須事項にさえ異常がなければ、後は税金と自賠責保険の支払いだけですみます。そのため業者で車検を行うよりも安みます。ただし車検の必須に異常があればその部分は、整備工事で再整備が必要となるので、そのような場合には結局業者で整備するのと同じくらいか、もしくは業者で車検を受ける方が安く済む時もあることを頭に入れておく必要があります。

複数の業者の見積もりをしてもらおう!

日頃から車の整備をしているなど、車に関して自身がある日であればユーザー車検が一番安く済む方法ですが、そうでない場合にはユーザー車検ほ逆に高くなる可能性があります。その場合にはやはり自動車ディーラーやガソリンスタンドなどの業者に車検整備を依頼する事になります。その際に安くするための方法ですが、複数の店舗に来店して見積書を作成してもらう事です。そうしたら工賃を値引きしたり、エンジンオイルやオイルフィルターの無料交換券を付けてくれる場合もあります。大手の自動車ディーラーの場合だと傘下にカー用品店がある時もあり、そちらの商品券がもらえる場合もごく稀にあり、何もしない場合と比べてお得になりますよ。

車検が切れた時には、すぐにカーディーラーに問い合わせをすることで、必要な手続きを取る必要があります。