楽器を学んで人気者になろう…オリジナリティを身につけよう!

2017年5月28日

楽器が弾けたらヒーロー

何気にギターが弾けたりするとかっこいいですよね。ピアノを弾きながら歌を歌うというのも素敵でよね。楽器が演奏できるっていうのは特技だし、他人から褒められたり感動してもらったりするのは、最高の喜びと言えますよ。スポーツが万能というのも人気者になれますが、楽器が弾けるなんていうとヒーローにもなれます。速弾きが得意なギタリストだと人気もあるし、崇拝されているミュージシャンも多いですね。楽器を始めるきっかけとして、そんなミュージシャンを目指してみるのもいいかもしれませんね。

実際に楽器を学ぶ時…

ギターにしろ、ピアノにしろ、バイオリンにしろ、楽器を学ぶ上ではいろいろな勉強の仕方があります。楽器をやるなら譜面が読めると一番いいですよね。音階を勉強する上でとても重要なことだし、将来的に作曲などをするようになれば絶対に必要になりますからね。楽譜が読めるようになれば、どのくらいの長さでどの音を奏でれば良いのか分かります。楽譜を読むことは練習する時にだって必要ですよ。

音楽ならでは独学が活きてくる

誰にも教わることなく自分で編み出した方法で学んだ人は自分の音楽というものを確立できます。音楽というのは人の真似をしない独自のメロディが必要で、独学で楽器を学んだ人ほど人とは違うオリジナリティをたくさん身につけていたりもするんです。各楽器には基本的な演奏スタイルというものがありますが、独学で演奏技術を身に付けた人は、特殊な奏法も当たり前にできたりします。音楽の世界はオリジナリティが大事なので、独学で学ぶことによって独自のスタイルを切り開いた人ほど成功するんんです。

サックスは木管楽器の一種です。その中でもソプラノ、アルト、テナー、バリトンとあって、アンサンブルをするのにぴったりです。