クラシックやジャズなど世界中に演奏家がいるトランペット

2017年3月26日

歴史のある楽器トランペット

トランペットは歴史のある楽器で、3000年前から存在したと言われており、演奏がしやすいことからいろいろなジャンルで演奏されています。旧約聖書にはイスラエルに直管ラッパがあったと記述されており、トランペットの始祖と言われており、クラシックのオーケストラやジャズなど世界中の人に愛されている楽器の1つです。比較的リーズナブルな値段で、一般的なものは他の楽器にくらべて購入しやすい金額で販売されています。初めてトランペットに挑戦するなら、2万円前後のものを選ぶと良いでしょう。高級品になるとすべて職人による手作りになるものがあり、外観も特殊なものになってきてジャンルが限定されてきます。プロのオーケストラが使用するものになると70万円ぐらいするものがあり、金管楽器は寿命が短いのが特徴なので3年ぐらいで買い替える必要があります。

トランペットを演奏してみよう

トランペットはマウスピースを使って音を出し、音階はピストンバルブを使って音を変えていきます。肩の力を抜いて、左手でしっかりささえましょう。右手は力を入れないで構えて、マウスピースには唇をあまり強く押し付けないで吹きます。息の吹き方ができたら、まずはドレミファソラシドを吹いてみましょう。基本的に右手の人差し指を1番目のピストンに置き、中指を2番目に置き、薬指を3番目のピストンに置きます。余分な力を入れないで、軽く音を出していきましょう。何度も練習していくと自然に上達することができます。焦らずに継続して練習することが大切です。

トランペットは金管楽器です。学校の吹奏楽部などで吹いている人がいます。小さなサイズから大きなサイズの物まで様々な種類があります。